半月島プロジェクトとは?

1兆2,000億ウォン(約1,200億円)を投じて、韓国の京畿道安山市に隣接する始華湖一帯の約17万平方メートル(甲子園球場4.4個分)の敷地に、人工島を含む複合タウンを造成するプロジェクトです。

陸地部分は約11万5千平方メートル、人口島は約5万5千平方メートルです。

陸地部分には2017年の完成を目標に(2014年に施設着工)オフィスビル・商業施設(ジャパンタウン、アジアゾーン、美容ヘルスゾーン)・支援施設などを、半月形の人工島には2019年までに(2017年に施設着工)ホテルやリゾート施設、コンベンションセンターなどを建設します。

半月島は、韓国語で「반달섬」と書き、日本語では、「バンダルソン」もしくは「バンダルスン」と読みます。

半月島プロジェクトの責任者は、日本人の山本コテツ氏です。

半月島の位置は?

PRI_20130822235948

仁川空港から近いところに位置しています。

Googleマップでの地図はこちら(緑の矢印)

安山市とは?

仁川国際空港のある仁川市の隣の市です。

1985年に30万人の人口が、約30年で2.5倍の75万人に急成長しました。

すでに稼働中の国家産業団地には、14,000の国際企業(日系企業30%)と27万人の就労者が集積しています。

仁川松島(ソンド)国際都市とは、現在計画中の道路が完成すると、車で5分の距離となります。

安山市に建設中の新しい先端産業団地(シファMTV)に隣接する商業用地の大規模開発は特に注目されています。

仁川自由経済区域と同様に、外国人に対する経済特区(法人税、所得税、地方税免除)となっています。

また、安山市の隣では、ユニバーサルスタジオコリアリゾート(USKR)造成事業の再開が注目を集めています。

仁川広域市とは?

安山市に隣接する都市で、人口が韓国3位の都市(270万人)。日本と比較すると東京圏の横浜市に該当します。その中でも松島(ソンド)国際都市は自由経済区域として急成長しています。

その為、ホテルや商業テナントが圧倒的に少ないという特徴があります。

松島(ソンド)国際都市では、GCF(グリーン気候基金)事務局の誘致に成功しました。

半月島関連のニュース等

2013年8月20日に日本の投資団代表が安山市庁を訪問

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)