神田昌典氏、監訳

デビッド・クルーガー氏、著書の

「お金」のシークレットを読みました。

僕は読書が好きなのですが、人に

「オススメの本は何ですか?」

って聞かれたら、

ミリオネアマインド

レモンの法則

ツキの大原則

をオススメしています。

今回の「お金」のシークレットは、ミリオネアマインドを別の角度から理解させてくれる著書だったので、大変有意義な本でした。

この本では、

「あなたのマネー・ストーリーが収入、ひいてはあなたの人生を決めている」

ということが主題になっていますが、

例えば、P92の

「人に騙されるに違いない」と思っている人には考えられるシナリオが3つある

・そうしかねない人に自分から関わる

・そういう結果になるよう自分が振る舞う

・実際がどんな結果であろうと、「だまされた」と思い込む

との下りはとても面白いです。お金についても、恋愛についても同じように言えることだと思います。

またP244にある

仕事をしていないと居心地が悪いと考える人がいるが、仕事を休むことも大切な仕事だと認識するべきだ

というところにはハッとさせられました。私自身、仕事をしていないと、取り残される気がして不安で仕方がない性格なので。

P240に書かれている「貧困依存症」のチェック項目もとても興味深いです。

これに1つでもチェックがあった人は、潜在意識がお金持ちになることを拒否しているらしいです。

因みに、私は1つチェック項目にチェックが入ってしまいました。。汗

この本は、とてもお薦めの一冊です。

この本を読む機会が無い人は、もしかしたら、人生を損してしまうかもしれません。

「お金」のシークレットの購入はこちらから

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)