翻訳ファイルの .mo を作るには、まず、 .po ファイルを作成する必要があります。その .po ファイルを poedit というソフトで .mo ファイルへ変換することになります。具体的なやり方を解説します。

Poedit のインストール

WordPress用の翻訳ファイル .mo を作成するには、poedit というプログラムを使います。まずは、インストールして下さい。

スポンサー

.poファイルの作成

.poファイルを作成する訳ではなく、.poファイルを編集して.moファイルに変換するだけであれば、.poファイルをpoeditで開いて、「翻訳」の部分を修正し、「保存」すれば自動的に更新された、 .moファイルが作成されます。

そうではなく、ゼロから.poファイルを作る場合、存在する言語ではなく、別の言語の.poファイルを作成するというニーズでしょうから、

hoge-ja.mo
hoge-ja.po

のようなファイルが既に存在しているはずです。例えば、英語の.poファイルを作成する場合は、

hoge-en_US.po

ファイルを作成することになります。ローケル情報(-jaや-en_USと言った情報)を調べるには、こちらを参照して下さい。

hoge-en_US.po

には、とりあえず、テキストエディタで

 とでも書いて保存して下さい。そのファイルを、poeditで開くと、以下のような画面が表示されると思います。

.potファイルが既に存在する場合は、上を選択し、.potファイルを読み込みます。すると、以下のような画面が出てきます。

.potファイルが無い場合は、プラグインや、テンプレートの.phpファイル一式が、パソコン内にある状態で、「ソースから抽出」を選択します。

ファイル一式すると、以下のような画面が出てきます。

この画面には、

  • ベースのパス .
  • パス .

など、.phpファイルが存在するフォルダーを全て指し示して下さい。

「ソースの中のキーワード」の項目では

__
_e

と書いておけば、大抵、問題ありません。

設定が終わったら、OKを押して下さい。.potファイル読み込みの時と同じ画面が出てくるはずです。

一旦「保存」を押すと編集出来るようになります。その時、自動的に、.moファイルが作成されます。後は、翻訳したいところへ記入していき、完了したら、保存すればOKです。保存すると、自動的に、.moファイルも更新されます。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)