WordPressの表示を早くする、WP Super Cacheの設定についてです。

インストール方法

プラグイン>新規追加>検索窓に「WP Super Cache」と検索すると、プラグインが見つかるので、「いますぐインストール」をクリックして下さい。

PRI_20130630143758

「WP Super Cashe」 と入力して、「プラグインの検索」

PRI_20130630144123

「いますぐインストール」をクリックすると、「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか ?」と聞かれるので、「OK」を押して、インストール。

PRI_20130630144229

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリック。

スポンサー

WP Super Cacheの有効化

有効化すると、

プラグイン>インストール済みプラグイン

「WP Super Cache は停止中です。プラグイン管理ページを開いてキャッシングを有効にしてください。」

というメッセージが表示されるので、「プラグイン管理ページ」をクリック。

PRI_20130630144803

すると、「WP Super Cache 設定」という画面が表示されるので、「キャッシング利用 (推奨)」を選択して、「ステータスを更新」をクリック。

PRI_20130630145030

詳細の設定

ここまでで、WP Super Cacheは使えるのですが、あまり速さを体感出来ないかもしれません。そういう方は、詳細を設定します。

詳細タブをクリック>

  1. 「キャッシュファイルの提供に mod_rewrite を利用する。 (推奨)」を選択
  2. 「既知のユーザー向けにはページをキャッシュしない。 (推奨)」を選択

して、「ステータスを更新」

「既知のユーザー向けにはページをキャッシュしない。 (推奨)」を選択するのは、WP Super Cacheをインストールしたことを忘れて「テンプレートを書き換えたのに、反映されない」と頭を傾げる事態を避けるためです(私はよくやります)

PRI_20130630145728

Mod_Rewrite ルールの更新

「キャッシュファイルの提供に mod_rewrite を利用する。 (推奨)」の設定にすると、.htaccessを書き換える必要があります。

その書き換えを半自動でする為に、

「このプラグインに必要な rewrite ルールが変更されたか無くなっています。 詳細設定ページでスクロールダウンして Mod_Rewrite ルールを更新 ボタンをクリックしてください。」

というメッセージが出現します。

PRI_20130630150059

「詳細」タブ中段位に、「mod_rewriteルールを更新」というボタンが出現しているのでクリックして下さい。

PRI_20130630150249

以上でWP Super Cacheの設定は完了です。

よくある疑問

WP-CacheとWP-Super-Cacheの違いは?

コンテンツタブの中に「WP-Cache」と「WP-Super-Cache」があります。

この違いは、

WP-Cache:サイト管理者に表示されるキャッシュ内容

WP-Super-Cache:訪問者に表示されるキャッシュ内容

のようです。

詳細タブで、「既知のユーザー向けにはページをキャッシュしない。 (推奨)」にチェックを入れると、WP-Casheにキャッシュが保存されなくなります。

有効時間とガーベージコレクションの設定は?

PRI_20130630150959

Cache Timeout:一度作成されたキャッシュの有効期限は、何秒にしますか?推奨は3600秒です。

Scheduler:「Clock」の選択で良いでしょう。上記の設定ですと、「UTC時間0時か週に1度、古いキャッシュファイルをチェックします」となります。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)