フィデリア株式投資顧問の口コミ評判について書きます。半年程、有料会員情報に基づいて売買した感想です。

推奨銘柄は上がるのか?

感覚としては、推奨銘柄の大体8割位は上がっています。ただ日経平均が暴落する局面では推奨銘柄も吊られて下げます。こういう時は、仕掛け銘柄の大半が含み損となるので精神的に穏やかではありません。とは言え、銘柄を推奨時にロスカット価格も明示しているので(時価の5%~10%下)機械的にロスカット出来る精神力があれば、それ程、痛手は受けないという印象はあります。1ヶ月単位のトータルの収支で見れば、まず、マイナスにはならない為です。

日経が押した後の相場が面白い

もちろん日経が暴落した時に推奨銘柄の多数に対してロスカット指示が届くのは辛いですが、同時に強気で来る別銘柄の仕込み指示は垂涎です。というのも、そういう場合の推奨銘柄は、大概、底で仕込める為です。そして、暴落が落ち着いた後の戻りが10%~20%となるのがザラです。ロスカットの合計を差し引いても十分な利益があります。

推奨銘柄の実績は誇大広告か?

実績は全て事実です。有料会員になれば、過去の売買指示(ロスカット指示含む)も全て閲覧出来ますので、嘘をつきようがありません。また、2週間無料でリアルタイムに有料会員情報を閲覧出来るので、推奨銘柄の質を精査して実際に料金を払うか決めることが出来ます。

売買指示についての注意

売買指示については、全面的に信頼すると、取れる相場も取れない場合があります。というのも、フィデリアが得意とするのは、IPO銘柄や新興銘柄など、値動きが激しい銘柄です。推奨後、数日で10%上昇する銘柄もザラなのですが、行って来いになる銘柄も多い為です。これへの対処方は、買った株の半分は買値より〇%以上上昇したら〇%辺りに逆指値を入れるという独自のルールを決めることです。半年かかって掴んだコツです。こうすることで、ミスミス取れた相場を取れないどころか、損切りするハメになるのを防げます。但し、逆指値にヒットした後に急上昇する場合も結構あり、こういう場合は、「売らずに全株置いておけば・・・」という悔しさと葛藤することになります。

ザラ場を見ないと売買出来ないか?

ザラ場にもドンドン、市況情報や、推奨銘柄の状況、新規推奨銘柄情報が届くので、ザラ場を見れた方が有利だとは思います。値動きの激しいIPO銘柄は、推奨して数十分~1時間後に急騰する場面を何度も見ましたし。しかし、大半の銘柄はそんなことは無い上、キチンと推奨銘柄の買値を明示(時価OKとか、〇円買い推奨、〇円まで買い下がりなど)してくれるので、昼休みや場が終わった後にでも指値で売買可能です。

運用するのに必要な資金は?

信用取引をする前提で見れば50万円以上はあった方がいいでしょう。推奨銘柄を1単位買う為に50万円位かかる時もあるので。余裕を持って運用する為には、100万円位はあった方がいいです。想定外に押した場合にはナンピン指示がありますし、トレンドになっているセクターが活況の場合は推奨銘柄が増える為です。

まとめ

如何でしたでしょうか?たまたま、日経平均の暴落の時点に有料会員になった方は不幸かもしれませんが、半年とか長期的に会員になるのであれば、会費を回収し十分に利益が出せると思います(あくまで個人的な感想です)。

また、暴落に際しても、理論的な相場観を提供してくれるので、比較的動揺せずにロスカット・仕込みを行えます。

もし、色んな情報商材を買っても成果が出なかったり、他の投資顧問で利益が出せなかった方がいれば、まずは2週間無料を試してみてはどうでしょうか?

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)