カスタムレポートで、コンバージョンに結び付いた、参照元URLと検索キーワードを捕捉する方法について調べたので、まとめておきます。

まずは、言葉の説明

指標:知りたい指標や数字

ディメンション:集計する区分や単位

フィルタ:指標とディメンションを掛け合わせて出たデータを、更にふるいにかけるもの。(カスタムレポートに慣れてから使う方が良い)

エクスプローラー:折れ線グラフと表が表示(通常はこちらを使えばOK)

フラットテーブル:表のみが表示

辺りを理解すれば良いかと。

目標の設定

カスタムレポートでは、サンクスページURLを指定して設定することが出来ないようです。

なので、予め、「目標」で、サンクスページへのアクセス数を取得する必要があります。

PRI_20130104223117

カスタムレポートの設定

指標のところへ、サンクスページURLを設定した「目標」を記載。

ディメンションへは、参照元>参照URL>キーワードを記載。

PRI_20130104221108

これで、コンバージョンに結び付いた、参照元URLとキーワードを取得出来ます。

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)