頭痛薬として強力なロキソニン
お酒と一緒に飲むと吐き気が発症

即効性があり副作用も少ないと人気の高い頭痛薬、ロキソニン。

そのロキソニンも、使い方を誤ると健康を害する場合があるので注意が必要です。

特に注意をしたいのは、お酒を飲む場面でロキソニンを服用する場合です。吐き気をもよおしたり、胃痛を伴ったりすることがあります。

頭痛を止めて何とかお酒の席に出席したところで気分が悪くなれば、本末転倒です。理由を説明して酒の席は欠席させてもらうようお願いすることも大切なことでしょう。

お酒がロキソニンの血中濃度を高めることが原因

では何故、ロキソニンの服用中にお酒を飲むと吐き気や胃痛を伴うのでしょうか?

それは、お酒が、胃を荒らすという副作用効果を持つロキソニンの、体内吸収率を想定よりも高めてしまうことが原因です。

副作用を殆ど出ないようにデザインされている薬でも、体内吸収率が高まると副作用効果がアップしてしまうのです。

ただでさえお酒が胃を荒らしやすいのに、胃を荒らすという副作用効果を持つロキソニンを一緒に飲めば、胃が荒れて吐き気をもよおすのは、当然のことです。

用途を守らないと腎臓・肝臓を痛めることも

更にロキソニンは、この強力な鎮痛作用と裏腹に、定められた用量を守らなかったり長期的に服用すると腎臓や肝臓に害を及ぼします。決して自分の判断で薬の服用を安易に決めてはいけません。

用途に反する場合は必ず医師に相談を

もし、どうしてもロキソニンを服用中にお酒を飲まなければならない場合は、必ず医師や薬剤師に相談をしましょう。

もしかしたら、お酒と一緒に飲んでも健康を害さない別の薬を処方してもらえるかもしれません。あるいは、頭痛も抑えられてお酒も飲める裏技的な方法を提案してもらえるかもしれません。

お酒は楽しく飲みましょう。命を削ってまで飲むものでは無いですからね。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)