Twitterで情報収集をしていましたら、こんなつぶやきを発見しました。

なるほど。企業が今の産業水準を維持・発展させる為には電力消費が不可避で、脱原発をすると必然的に電力価格が上昇し価格競争力を失ってしまう。そうすると、安い電力供給がある国へ工場を建てざるを得ず、その結果、その国での電力供給が増える為、原発が増設される。

自国が脱原発をうたったところで、自己満足でしかないということですね。

堀江貴文さんも有料メルマガの中で同様の事を言っていました。以下抜粋。

原発を日本だけやめたところで、中国など他の電力需要の伸びている国は増設しまくると思うし、中国のような共産党一党独裁の国では事故が起きても作り続けると思うんですよ。韓国だって事故が起こらない限り作り続けると思う。そこでは日本ほど間接費用がかからないので結果として安いベース電力を得ます。電力を如何に安く仕入れられるかは産業界にしてみれば死活問題で、いわゆる製造業の日本国内立地は割にあわないと判断して原発をベース電力に使っている国に流出していくでしょう。

更に、日本が脱原発の流れを進める限り、以下の問題が生じると言っています。

現在の原発に対する後ろ向きなイメージの為に、原子力工学を新たに学ぶ人は減っていくでしょう。すると、安全性の高い原発技術は導入されなくなる上、それどころか、老朽化する原子炉の廃炉や放射性廃棄物の安全管理の技術が衰退していくという問題が生じます。

言われていることが論理的で、その通りだと思います。

脱原発を唱えている方々は、これらのことを踏まえて、どのように考えていらっしゃるのでしょうか?

 

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)