これまでPHPの開発はHTTPD

を使っていましたが、T君に教えてもらったデバッグが出来る開発環境が異常に使いやすいのでT君からインストールの方法を教えて貰ったメールをほぼ丸ごとコピペ掲載しておきます。

xampp-win32-1.x.x.zipをダウンロード
(中段くらいにXAMPP Windowsという項目があるので、そちらから)

xamppをc:\toolsに展開(toolsフォルダを作成するのはVistaの場合。通常はc:\
直下)
c:\tools\xampp\setup_xampp.bat 管理者権限で実行
「Please choose (1-7/x): 」と表示されるまでリターン

その後、

3  を選択しリターン
x  を選択しリターン

C:\tools\xampp\php\php.ini を編集
;zend_extension = “C:\tools\xampp\php\ext\php_xdebug.dll”
-> zend_extension = “C:\tools\xampp\php\ext\php_xdebug.dll”

;xdebug.remote_enable = 0
-> xdebug.remote_enable = 1

;extension=php_curl.dll
->extension=php_curl.dll

C:\tools\xampp\apache_start.bat を管理者権限で実行
http://localhost/xampp/ がブラウザで表示されることを確認

pleiades-e3.6-php_xxx.zipをダウンロード
eclipseをc:\toolsに展開
C:\tools\eclipse\eclipse.exeを実行
ワークスペース: C:\tools\xampp\htdocs
ウィンドウ->設定->php

デバッグのphpデバッガーをXDebug

ファイル->新規->プロジェクト で、プロジェクト作成

プロジェクトフォルダ内に、phpファイルを設置

上に並んでいるアイコンの中から、パースペクティブを開く->PHPデバッグ で
PHPデバッグを表示させる。

PHPパースペクティブの左にあるツリーの中から、作成したPHPプロジェクトフォ
ルダを選択し、右クリックでリフレッシュ。

PHPフォルダ中にあるPHPファイルを右クリックし、デバッグする。

あとは、ブレイクポイントを設定してステップ実行したり、変数の中身を見たりする事が出来ます。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)