質問

ロングテール対策というものを教えてください。「内装工事 千葉」というキーワードでSEO対策を始めましたが、ロングテール対策がよろしいと聞きました。

具体的には、トップページからリンクの張られた新規ページのタイトルを「千葉県での内装工事のお見積もりなら」、キーワードを「内装工事 千葉 見積もり」とした上で、オリジナルコンテンツにすればいいのでしょうか?

また、サイト内で、重複タイトル、重複キーワードは使用しないという理解で大丈夫ですか?

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12119488007

スポンサー

回答

ロングテール対策ではなく、ロングテールキーワードでのSEO対策という方が正解です。

ロングテールキーワードとは、様々な複数ワードで検索されるキーワードのことです。

ロングテールキーワードの特徴として、ニッチな検索語である為に、競合が比較的少なく、成約率も高くなる傾向にあります。

トップページからリンクの張られた新規ページのタイトルを「千葉県での内装工事のお見積もりなら」

ページのタイトルはそれでOKでしょう。トップページからのリンクは、「千葉県での内装工事のお見積もりはこちら」辺りが良いかと思います。

キーワードを「内装工事 千葉 見積もり」とした上で

キーワードとは、metaキーワードのことでしょうか。それならば、現在のSEO対策では入れても入れなくても問題ありません。metaキーワードは、他のページと重複しても構いません。

ディスクリプションは、「千葉県で内装工事をお考えなら、●●社でお見積もりを!納得の価格をご提案致します」辺りで良いと思います。metaディスクリプションは、他ページと一緒にしてはいけません。

オリジナルコンテンツにすればいいのでしょうか?

そのページ内では、起承転結を意識して、

  1. キャッチコピー
  2. リード文
  3. 問題提起
  4. 具体例の紹介
  5. 弊社で見積もりを取るメリットの訴求
  6. お客様の声
  7. 弊社の他社と違った特徴
  8. これまで述べて来たことのまとめ

などを記載してコンテンツを作れば良いと思います。

サイト内で、重複タイトル、重複キーワードは使用しないという理解で大丈夫ですか?

サイト内での重複タイトルはしてはいけません。ディスクリプションの重複も問題があります。metaキーワードの重複は問題ありません。

尚、補足すると、当該ページを検索エンジン上位に持ってくるには、関連する話題の記事を書いた際に、こまめにリンクすると良いでしょう。

関連リンクの貼り方の例

用語解説とか、お客様が知らないだろう用語には、解説ページリンクをはる
http://www.lion-do.jp/blog/boushi/4034

お客様の利便性を考えて、関連性の高い記事には、積極的にリンクをはる
http://www.lion-do.jp/blog/boushi/3569

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)