質問

会社を経営しておりますが、SEO対策において自社のHPを特定のワード検索で上表示したい場合、以下の様な対策は有効でしょうか。

1、facebook上に自社のアカウントを作成
2、そのアカウントに自社に関わる記事を2~3日おきに掲載
3、掲載した記事に対してより多くの人に「いいね」をもらう

この一連の行為は現時点でのSEO対策として有効なのでしょうか?最近googleが「ハミングバード」という方式になって、
「特定のホームページについて、どれだけの人が関心を持っているかを重視している」と聞きました。

ご存知のかたよろしくお願いします。

質問引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11119535376

回答

Facebookで記事を書いても、被リンク効果は無いのでSEO対策上の効果は見込めません。

SEO対策云々を抜きにして、会社のファンを増やすという意味で、Facebookページは作成した方が良いでしょう。

SEO対策を考えるのであれば、自社サイト内にWordPressを設置して、

  1. 新着情報
  2. 製品の優位性についての記事
  3. 業界に関するウンチク
  4. 日常の出来事

を毎日更新する方が良いです。

最近googleが「ハミングバード」という方式になって、

少し勘違いされているようです。ハミングバードとは、「検索者の求めている質問に対して、正しい回答を出すアルゴリズム」です。例えば、「日本一高い山は?」と検索したら、富士山という言葉が入っていなくても、キチンと富士山に関係のあるホームページを一番上に表示させる、ということです。

「特定のホームページについて、どれだけの人が関心を持っているかを重視している」

色んな情報が混じってごっちゃになっているようですが、Googleが最近評価するホームページの傾向は大まかに、

  1. 記事テーマとなっている内容に、著者の独自性のある情報がキチンと入っているか
  2. 被リンク元が、記事のテーマと似ているサイトからリンクされているか
  3. 被リンク元から、リンクを貼られるべくして貼られているか(=不自然に・作為的にリンクをされていないか)

となっています。

訪問された方に対して、キチンと満足してもらえる内容を提供しているかどうか?を考えたコンテンツ作りが必要でしょう。

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)