404エラーが発生した場合、サーバー側が用意している404エラーのページがあります。

そのページが素っ気ない場合や、404ページへの訪問者も取り込む為に、404エラーページを別途用意することがあります。

しかし設定を誤ると、ソフト404エラーが大量に発生する事態となります

では、ソフト404エラーを発生させない為の記述方法についてです。

.htaccess へのエラーページの記述は相対パスで

独自に作成した404エラーページを表示させるには、.htaccess へ記述する必要があります。

作成した、エラーページを 404.html とすると、

ErrorDocument 404  /404.html

と記載するのが正解です。

ところが、

ErrorDocument 404  http://hoge.jp/404.html

のように、絶対パスで記載すると、ソフト404エラーが発生する事態となります

理由は、後者の場合、エラーページに遭遇すると、http://hoge.jp/404.html へのリダイレクトの際に302 のレスポンスコードを返しますこれが原因でソフト404エラーが発生するのです。

レスポンスコードをチェックするには、

http://web-sniffer.net/

を使うのが便利です。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)