ムッツリというサービスがあります。

このサービスは、女性へ夜の営みのお誘いを直接伝えられない草食系男子向けに、代行でお誘いメールを送信してくれるサービスです。

実用性があるかは疑問ですが、前代未聞のサービスということが受けて、ツイッター・Facebook・はてブ・様々なメディアに一気に拡散しました。

結果的には、「ムッツリ」の一単語で、79万件中2位に来ています。

特記する事柄としては、http://muttsuri.net/のドメイン内には、たった2ページしかありません。

しかも、トップページは191単語、サブページは355単語です。こんなに少ない単語数で、上位表示に成功しています。

では、このムッツリというサービスがSEO対策で成功したのはどこにあるのでしょうか?秘訣を探ってみたいと思います。

前提の知識

ツイッター

140文字以内の「ツイート」 (tweet) と称される短文を投稿できる。ミニブログのようなもの。

ツイッターにURLを記載し投稿すると、URL側にとって被リンク効果が発生します。

はてなブックマーク

株式会社はてなが展開する、ソーシャルブックマーク。

ブックマークされると、被リンク効果があります。

短時間に(何時間以内かは不明)、3はてブされると、新着エントリーに掲載され、多くの方の目にとまります。

Facebook

アメリカ発のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)。

URLを記載した文章を投稿しても、被リンク効果はありません。

いいねを押されたり、シェアされると情報が拡散されて、目にとまる確率は上がります。

Google+

Googleが展開するソーシャルネットワーキングサービス。

URLを記載した文章を投稿すると、被リンク効果が発生します。

NAVERまとめ

NHN Japan株式会社が運営するCGM型Webキュレーションサービス。参加者が、テーマに沿った内容でまとめ記事を作成します。

ここにURLが掲載されると、被リンク効果が発生します。

Togetter

ツイッターのつぶやきを、分かりやすくまとめたサイト。

ここのサイトからリンクされても、被リンク効果はありません。

口コミ発生=被リンク発生の流れ

STEP1 記事やサイトのアップ

記事やサイトをアップしなければ始まりません。

既にブログ記事のファンがいれば、そのファンが、記事を閲覧しに来て、はてブ・ツイッター投稿・Facebookいいねをしてくれますが、通常はそのような幸運に恵まれないでしょう。

STEP2 ツイッターやFacebookへ告知

ブログやサイトをアップしたら、あなたが持っているツイッターやFacebookで告知しましょう。

すると、ツイッターやFacebookでフォローしてくれている方が、リツイートしてくれたり、いいね・シェアしてくれたりして記事を拡散してくれます。

ムッツリのサービスの場合は、作成者が育てていた、ツイッターやFacebookへ「ムッツリっていうサービスを作成しました」と告知したんだと思います。それを見た作成者のファンがサイトを見に来て、面白がってツイートしたり、Facebookいいねをしたりして拡散したと想定されます。

ツイッターやFacebookで、フォローしている方々と仲良く交流しておかないと、STEP3以降の施策が非常に厳しいのが現状です。

STEP3 はてブへのブックマーク

ツイッターやFacebookで、情報が拡散する中で、はてブへブックマークする人が現れます。

このはてブが、良質な被リンクを得る為に非常に重要になってきます。

ただし、あなたのサイトや記事が数時間以内に、3はてブ以上(3人以上のはてなブックマークサービス利用者にブックマークされること)されることが必要です。

何故ならば、3はてブ以上が、新着エントリーに掲載される最低条件だからです。

STEP2までは、比較的簡単です。STEP3が、一般の人にとっては中々難しい壁だと思います。

因みに、3はてブを自作自演した場合は、以降、そのドメインが新着エントリーに掲載されなくなるので、気をつけましょう。

ムッツリの場合は、3はてブは軽々超えた事でしょう。

STEP4 はてブの新着エントリーへの掲載

STEP3で、数時間以内に3はてブを取得した場合、新着エントリーへ掲載されます。

すると、新着エントリーを見ている方が、更にはてブをしてくれます。

更に、はてブで話題になっている記事を、ツイッターのbotが呟いてくれます。

こうして、益々、はてブが増え、記事がネット上へ拡散されていきます。

STEP5 まとめサイトへの掲載

このようにしてはてブが多く付いた記事は、TogetterNAVERまとめ・その他ブログ系まとめサイトへURL付きでまとめられることになります。

まとめサイトには、被リンク効果があるサイトもあれば、無いサイトもあります。

STEP6 ニュース系サイトからのサイト紹介

まとめサイトにまとめられると、まとめサイト自身が持っている膨大な訪問者の目に触れることになります。

すると、ニュース系の著者の目にもとまる確率は高くなり、次はニュース系サイトへ記事としてサイトが紹介されます。

このように、STEP6までいくと、良質な被リンクが雪だるま式に増えていきます。

ムッツリであれば、

http://gigazine.net/news/20121019-muttsuri/

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1210/18/news048.html

のようなサイトに紹介されています。

まとめ

ツイッターやFacebookで積極的に交流をしましょう。

そして、記事やサイトを作成したら、自分を含めて3はてブ(出来れば5はてブ)を瞬時に得られる体制を構築しましょう。

そのコンテンツが良質なものであれば、ある程度の拡散は見込めるハズです。

そうすると、Googleに嫌われる自作自演のSEO対策をしなくても、良質な被リンクを取得して、上位に来る確率が高くなります。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)