この本は、借金をかかえ勤務先も倒産して、高級ホテルで勤務することになった主人公が、そこに宿泊する富裕層との会話を通じて多くを学ぶ物語です。

決算が読めるようになるノートの発行者が勧めていたので読んでみましたが、僕がこの仕事をしている意味を改めて考えさせてくれる機会となりました。

目の前の仕事に追われて、本来やりたい仕事を出来ていない方にオススメの本です。

スポンサー