2019年の株式投資実績は、+50%位で着地しました。

大幅に利益が出来たものもあれば、損切りしたものもあり。損切りした後に切り返した銘柄も多数あります。苦笑

印象に残った銘柄を紹介します。

利益が出た銘柄

エムアップ(3661)

一番儲けた銘柄はエムアップです。

1月半ば頃の1640円位から買い、最高3000円売り。6月20日頃全株手仕舞い。

購入の理由

2020年3月期の東洋経済予想EPSは59円。高成長株として評価し、PERのレンジを30~50と設定すると、その株価レンジは1770円から2950円。ダウンサイドリスクは小さく、アップサイドは大きい。

チームスピリット(4397)

結構儲けていたのに、決算発表後に先行き不透明となり投げ売りした銘柄。

2018年12月半ばに1600円位で購入。4月半ばに最高2400円位で売却。7月上旬より改めてインして買い増していったものの、10半ばの決算発表後に投げ売り。

購入・投げ売りの理由

働き方改革のテーマ株であるということから高成長が見込める。また、20年8月のコンセンサス予想EPSが25~27円。PER50倍なら1350円。PER70倍なら1890円。PER100倍なら2700円。

順調に利益を積み重ねていたものの、19年10月の決算発表にて、

  • 今期も売上増予想にもかかわらずEPS予想が7円
  • 今期の予想は開示されたものの来期の予想は開示されなかった

という理由で投げ売り。

しかしながら、その後反転。。トホホ

リックソフト(4429)

立ち会い外分売の発表により大きく下げたところを取りました。

10月半ばに4450円で購入。11月下旬に5580円で売却。一部はまだ保有中

購入の理由

10月半ばの中間決算にて立ち会い外分売の発表。需給関係の悪化を懸念して大幅に下落。

しかし、業績は堅調なことより、今期の予想コンセンサスEPS76円に対して60倍を切るのは割安と判断して購入。

損切りした銘柄

インターアクション(7725)

米中貿易戦争に巻き込まれて損切りした銘柄です。

四月半ばに1608円で購入。7月8日に損切り。その後の上昇はご覧の通りです。トホホ

購入・損切りのの理由

今期予想コンセンサスEPS132円に対して12倍は割安。成長性も高い。

という理由で購入したものの、米中貿易戦争が勃発し、不透明感が増した為に内需株へシフトし損切り。

しかしながらその直後、貿易戦争の懸念が後退してご覧の通り上昇。持っていれば2倍か。。トホホ

スマレジ(4431)

消費税アップによるレジ買い替え需要にベット。

7月上旬に2979円で購入。レンジを割って、下値を切り下げたので11月下旬に損切り。

購入・損切り理由

消費税アップによるレジ買い換え需要を見込んで購入。

コンセンサスEPS47.2円に対して63倍。高成長性に対して100倍は固いと思って購入。

しかしながらレンジを割ったことと、消費税増税後も右肩下がりでテーマから外れたと思い損切り。

その後急速に切り返し。。。トホホ

最後に

少子高齢化に国の借金、好景気になる見込みの無い中で、特に自営業は自分で身を守る必要があります。

そんな不安の中で、本業の傍らで株式投資をしています。デイトレする時間は無いので、頻繁に売買はしていないし取引銘柄数も10銘柄程度。それでも+50%はいけました。一応プラスですが、チームスピリットの損切りが無ければなと悔やまれます。言い出したら、インターアクションもスマレジもなんですけども。

今年も良いパフォーマンスを出したいですね。