整骨院さんのWEBサイトは、WordPressで作られているのですが、その記事のURLが日本語URLで設定されていました。

例えば、

https://xxx.xxx/%e5%ae%9a%e9%9b%bb%e6%b5%81%e6%b2%bb%e7%99%82%e5%99%a8%ef%bd%81%ef%bd%81%ef%bd%90%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%80%8e%e3%81%aa%e3%82%8b-%e6%b2%bb%e7%99%82%e9%99%a2%e3%80%80%e6%95%b4%e9%aa%a8%e9%99%a2/

のようなURLです。

こんなURLですと、

  • SNSでシェアしてもらいにくい
  • リンクを貼ってもらいにくい
  • 何と言っても、あやしい
  • 記事の加筆・修正の度に、パーマリンク(日本語URL部分)自体も微妙に変更するので、リンク切れを起こす

という弊害が生じました。

そこで、パーマリンク設定を、

/%postname%/

から

/%post_id%/

へ変更し、Permalink Redirect を使って、十分にリンク切れや404エラーが発生しないように注意して、301リダイレクトを行いました。

これまでの経験上、301リダイレクトを行った場合は、検索エンジンの順位に変動は起こらず、従前の順位をキープするはずでした。

また、ネット上の記事で「リダイレクト seo対策」などと検索して最近のグーグルの動向を調べても、「一時的に検索順位が下落する可能性はあるが、1ヶ月程すれば、元の順位に戻る」と有りましたので、問題無しとの判断でした。

ところが。。。

1ヶ月経過しても、従前に検索上位にあった記事が、元の位置に戻りませんでした。検索流入数も、リダイレクト前の1/3程になってしまいました。

もし現在、サイト全体を301リダイレクトしようと検討している方がいれば、注意して下さい。

グーグルのアルゴリズムの変更によって、リダイレクトすると順位下落する可能性があります。

特に、日本語URL(パーセントエンコードURL)をリダイレクトする場合は、上図のようなアクセス数下落を体験するかも知れません。

正に地獄。

リダイレクトする際は、本当に注意して作業して下さい。皆さんの幸運を祈っています。

スポンサー