環境は、php5の場合です。(因みにエックスサーバーでの設定です。)

.htaccessへ下記の記述を書き加えて下さい。

#.htmlでphpを動かす
AddHandler x-httpd-php5 .php .html
#(サーバーによっては、
#AddType application/x-httpd-php .htm .html
#の場合もありました)
#.htmlでSSIを動かす
AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html

因みに、htmlをXHTMLで記述している場合は、上記の記述を.htaccessへした場合、不都合が生じる場合があります。

具体的には、htmlにアクセスしたのに、表示されない等の症状です。

原因は、htmlをXHTMLで記述した場合に、一番上に記載される、

<?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS” ?>

などの文言です。正常にXHTMLを動作させる為には、

<?php echo “<?xml version=\”1.0\” encoding=\”Shift_JIS\” ?>\n”; ?>

のように記述しなければなりません。

どうぞお気をつけ下さい。

 

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)