Googleタグマネージャーで、指定のURLやボタンのクリック数を計測する方法について解説します。今回のケースでは、特に、無料メルマガの登録ボタンが押されたのをトラッキングします。

Googleタグマネージャーへ、Googleアナリティクスの導入は完了していることが前提です。

 GoogleタグマネージャーへのGoogleアナリティクスの導入方法

1.使う変数を組み込み

使う変数の組み込みです。

{変数}項目の{設定}をクリックしてください。

クリック項目は、全てチェックで良いと思います。

2.トリガーの設定

トリガーの設定を行います。

{トリガー}項目の{新規}をクリックしてください。

{名前のないトリガー}へ、分かりやすい名前をつけてください。その後{トリガーの設定}をクリックしてください。

{クリック}項目の{すべての要素}をクリックしてください。リンクのクリックを計測する場合でも、{リンクのみ}より{すべての要素}の方が分かりやすいです。

{一部のクリック}を選択。

無料メルマガ登録ボタンをトラッキングする場合は、{Click ID}が使い易いです。

因みに、無料メルマガ登録ボタンには、 IDとして {kiji-free_mailmaga} を設定しています。

従って、 {free_mailmaga} を含むIDの場合をトリガーにするという設定にします。

因みに、{free_mailmaga}を{含む}としているのは、{kiji-free_mailmaga}の他、{top-free_mailmaga}、{side-free_mailmaga} も定義しており、その全てのクリックを取得したい為です。 

{保存}をクリックしてください。

3.タグの設定

タグの設定をします。

{タグ}項目に移動して、{新規}をクリックしてください。

{名前のないタグ}に分かりやすい名前を付けて下さい。その後、{タグの設定}をクリックしてください。

{Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス}をクリックしてください。

{トラッキングタイプ}を{イベント}に変更

カテゴリ:任意に名前を付けて下さい。
アクション:行動という意味ですが、{click}などを入れるより、どこのURLからメルマガ登録があったかを後でわかるようにする為に、開いたURLを{アクション}へ収納することにしました。
ラベル:これも、どの無料メルマガ登録ボタンから登録したのかを判別する為に、ボタンに設定したIDを{ラベル}へ収納することにしました。

{Google アナリティクス設定}に、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを収納した変数を選択してください。

この下りがわからない方は、こちらの記事をご確認下さい。

次に{トリガー}をクリックしてください。

先ほど作ったトリガーをクリックしてください。

{保存}をクリックしてください。

4.更新したGoogleタグマネージャーのタグを公開

最後に、更新したGoogleタグマネージャーのタグを公開します。公開するまで、更新したタグは表に反映されませんので注意してください。

{公開}をクリックしてください。

{バージョン名}を任意に設定して、もう一度{公開}を押して下さい。

まとめ

これで、登録ボタンを押した際を、イベントとして取得出来るようになりました。

無料メルマガの{送信}ボタンを押した後、Googleアナリティクスの{リアルタイム}→{イベント}にてイベントが取得出来ているか確認してみました。

 

問題無く、意図通りにイベントが取得出来ています。