固定ページや記事ページでPHPを実行するプラグインとして、

exec-php

というものがあるようですが、TinyMCE というプラグインと干渉し合って上手く動きません。

そこで、「ショートコード」という方法を使うと、干渉やら、テキストモードでPHPコードを書いたものがビジュアルモードにしたら消えるとかいった弊害は無くなりそうです。

では、そのやり方です。

1.functions.phpの編集

例えば、

function printmoji() {

return “テストです”;

}

add_shortcode(‘moji’, ‘printmoji’);

と書きます。こうすることで、[moji]がショートコードになります。

2.固定ページや記事ページにショートコードを書く

固定ページや、記事を新規作成して、テキストモードで

[moji]

と書いてみてください。

すると「テストです」と表示されると思います。

セキュリティーの面からも、PHPの実行は、ショートコードを使うことをお勧めします。

スポンサー

お問い合わせ

この記事についてご質問があれば、お問い合わせ下さい。

お名前(必須)
お名前フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス確認(必須)
お問い合わせ記事URL
お問い合わせ内容(必須)