http://hoge.jp/wp/ にインストールしたwordpress の内容を、http://hoge.jp/ へ表示する方法です。

1. index.phpと .htaccess をルートへコピー

wp フォルダーにある、 index.php と .htaccess をルートへコピーして下さい。移動ではありません、コピーです。

スポンサー

2. index.php を編集

ルートへコピーした index.php をメモ帳なので開くと、

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );

というような記述があるハズです。それを、

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp/wp-blog-header.php’ );

に書き換えて保存し、サーバーへアップして下さい。

3. wordpressの一般設定を変更

wordpressへログインして 設定>一般(一般設定) を開いて下さい。

サイトアドレス (URL) とあるので、そこを ルートドメインに変更して下さい。WordPress アドレス (URL) は、変更しないで下さい。

PRI_20140223001742

以上です。これで、ルートドメインでサイトが表示されるようになります。

備考

.htaccessには、以下のような記述があると思います。

これの解説です。

http://hoge.jp/index.php にアクセスがあった場合、条件に一致した場合は置換処理せず(-)、終了とする([L])ということになります。

アクセスしたファイルもディレクトリも存在しない場合、という意味になります。尚、ルートディレクトリのhttp://hoge.jp/にはマッチしません。ディレクトリは存在すると判定されるようです。

ルートディレクトリ以外にアクセスがあった場合、http://hoge.jp/wp/index.phpの内容を出力するという記述です。

また、 .(ドット)は、

その為「.」は、
「.htaccessを設置したディレクトリ以外への要求である場合」として解釈が行えます。

引用:http://algorhythnn.jp/blg/url-redirect/rewriterule/mod_rewrite-rewriterule-dot/

とのことです。

要約すると、

◆http://hoge.jp/にアクセスがあった場合
http://hoge.jp/index.phpの内容を出力する。

◆http://hoge.jp/hoge/にアクセスがあった場合
http://hoge.jp/wp/index.phpの内容を出力する。

となります。

スポンサー